So-net無料ブログ作成

老者の逆襲が始まる≪現代蕨野考≫

 

今及びこれからの時代、老者が老者だけの社会を作っていくことにワタシは関心がある。この場合一般社会から時間的空間的に老者社会を切り離すのだ。老者社会は一般社会の全てのシガラミから解放されているのは当然。

 

でなければこんな社会がいずれ到来するだろう……老者は昼間歩くのを禁じられ交通機関の利用時間を制限される、冷暖房付きの図書館や公民館の利用禁止、認知症患者は医療機関に出入禁止され無言の圧力で安楽死の選択を強要される、ナチスのT4作戦のように触法認知症患者は劣悪な環境の収容所に送られて食事も与えられず放置されて死を迎える……こんなおどろおどろしい恐怖に満ちた社会が現実のものとならないと誰が言えるのか。今の日本や世界のように不寛容が進行する社会から展望すると陰陰滅滅のイメージしかわいてこない。「人権」といった20世紀になって発見された人間(老者)の生存権利など、将来にわたって望むべくもない社会になっているのではないか。今次日本国の共謀罪の施行などはそのことを予感させる。老者にとってはいずれにしても生をないがしろにされる社会が進行していくのではないかという予感がワタシには強くある。

≪であるならば≫  とワタシは貧しいアタマで考え続けている。

 

井上ひさし『吉里吉里人』は、東北地方のある村が日本国政府に愛想を尽かし「吉里吉里国」の独立宣言をする話だ。政府は全力でこれを防ごうとするが、吉里吉里国では村民そろって食料の自給自足生活や通貨廃止等によって政府に反抗するのだ。

『吉里吉里人』や『蕨野行』に倣って「役立たずになった」老者たちの孤島への隔離(移住)はどうだ。その代わりこの老者社会では、全て自活しなければならないから日常生活は厳しいぞ。身体が健康であれば何も言うことはない。米麦ソバ酒は皆で作る(元農業酒蔵)PCスマホ携帯はない、畑仕事と海釣りや川釣りは趣味にはならず日々の生活の糧だ(元農業漁師)、木を切り倒して住居は皆で建てる(元大工)、綿花と蚕を飼って衣服とする、火起こしは日課、性は自由(但し相手はジイサン・バアサン、避妊具は不要)、石や野草から生薬を作る(元医者や薬剤師)、さしづめ国名は「おいおい国」とまぁこんなことを考えているうちは面白い。でも意外とこのムラでの老者の平均余命は一般社会より長かったりするかもしれない。

 ひょっとすると今の日本で過疎地域限界集落と言われる村落などでは既にこのような社会生活が営まれていると思われる。蕨野行現代版は遠くにあるわけでもない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。